笠雲・吊し雲

 湿った風が高い山を越えるとき、その頂に雲をつくる。これを笠雲という。山を越えた風は上下に波をうって進み、山の風下側に吊し雲という雲をつくる。笠雲や吊し雲は悪天を告げる雲として、観天望気に利用されている。

 

富士山にかかる笠雲と吊し雲
2003.7.11  静岡大学構内

吊るし雲   2004.5.17
静岡大学構内 撮影:加藤

     

 

富士山にかかる笠雲
2004.9.9 撮影者:加藤

 

 

写真館の目次へ戻る