対流圏の上層(上空5km〜12km)に浮かび、小さな氷の粒からなる。 鳥の羽根のような、刷毛を引いたような薄い雲。 温暖前線の前に現れる時は真っすぐな線状のものが多く、“雨知らす”といわれ、雨の前兆である。 曲がったり、乱れたりしているものは、“晴知らす”といわれ、明日も好天であることを告げている。

 

毛状巻雲

毛状巻雲 2002.7.7
静岡市藁科川

もつれ巻雲

もつれ巻雲 2002.7.8
静岡大学構内

肋骨巻雲

肋骨巻雲 2002.7.19
静岡大学構内

放射状巻雲

放射状巻雲 2002.8.05
富士山頂

 

すすき雲

すすきとすすき雲 2003.10.19
静岡市高松

もつれ巻雲

巻雲 2003.11.22
静岡市大谷

肋骨巻雲

毛状巻雲 2003.11.27
静岡大学構内

 

 

雲の名前へ戻る