弗素燐灰石
Fluorapatite
Ca5(PO4)3F

硬度:5
産地:栃木県今市市猪倉フバサミクレー

弗素燐灰石(Fluorpatite)


解説:
変わった名前の産地の標本。
燐灰石には弗素と塩素と水酸のものがあり、
本標本のラベルが弗素燐灰石となっていたので、それに従った。
弗素燐灰石が最も多いので何のことわりもない場合も大抵は弗素燐灰石である。
燐灰石は六角柱状か板状になる。この標本は板状のようだ。
はじめはへき開片かと思ったのだが、図鑑で調べるとへき開なし。
ここの燐灰石は黄鉄鉱と一緒に出るようで写真左上にも黄鉄鉱が付着している。
標本の縦幅7ミリ。

地質班のページへ戻る