ルーペ(lupe)

ルーペ

虫眼鏡、拡大鏡。ちなみにドイツ語。
鉱物の微細な結晶などを観察するのに使う道具。
ルーペは眼の近くに固定して対象を前後に動かしてピントをあわせるのが正しい使い方。
写真のものは2003年の東京ミネラルフェアで購入。三枚の凸鏡がついていて拡大率を調整できる。100円ショップで購入した帽子止めを装着し、なくさないようにしている。
鉱物採集には10倍程度の安物が向いているとされる。必需品。

地質班のページへ戻る