へき開

鉱物が、化学結合の弱い方向に割れること。割れ目は必ず平面になる。
へき開の度合いとしては「完全」、「明瞭」、「不明瞭」、「なし」の4段階ある。
へき開の最も分かりやすい例は方解石である。方解石を割ると断面は
平行四辺形になることが多い。

 

 

 

 

地質班のページに戻る