参考文献 s=静大図書館本 c=市民図書館本 k=県立図書館本 t=地研本 n=西川本

鉱物

日本の鉱物 フィールドベスト図鑑vol.15 松原聰 学研 2003年 nk
(フィールドで採ってきた鉱物を調べるのに重宝する。巻末にはわずかながら産地情報もある。英名の索引がないのが残念)

鉱物・岩石 ポケット版学研の図鑑7 白尾元理・松原聰・他 学研 2002年 nc
(鉱物だけでなく地学全般の知識が得られる。なぜか化石まで載っている。安価で入手しやすい。鉱物名に英名がついてないこと、載ってる標本の数が少ないのが弱点)いちばん役に立つのは背表紙の目盛だったり。

鉱物・岩石 ポケット科学図鑑4 学研 
(おそらく上記の資料の旧版。新しいものより鉱物・岩石に集中している。 一部、条痕色が表示されているのがよい。やはり英名の記載がない)

鉱物・岩石 検索入門 豊遥秋・青木正博 保育社 1996年 n
(産地産状などが詳しく、標本のレベルがむやみに高くないので、役立つ。載ってる標本の数に不満があるがしかたない)あとネーミングセンスがない。同名の本を三冊ももつと混乱する。

宝石探しU1泊2日編 関西地学の旅3 大阪地域地学研究会 東方出版 2004年 n
(産地にたどり着くために充分な情報がのっている。カラー写真が少ないことと関西より西の産地にアクセスしがたいのが困ったところ)副題のわりに関西の産地はあまり載ってなかったり…出版社名も違和感がある。

鉱物の科学 新版地学教育講座3 地学団体研究会 東海大学出版会 1995年 n
(鉱物について真剣に学びたいときに。写真が少ないので楽しく読むのは難しい)

鉱物採集の旅5東海地方をたずねて 加藤昭・松原聰・野村松光 築地書館 1979年 s
(近くて有望な産地がたくさん載っているが、古いので状況が変わっている場合もあり注意が必要)

鉱物図鑑 フィールド版 松原聰 丸善 1995年 s
続鉱物図鑑 フィールド版 松原聰 丸善 1997年 s
(色別の索引をもち、感覚的に鉱物を検索できる。産地情報もある。説明文が少ないことと割高なことが欠点)

楽しい鉱物学 基礎知識から鑑定まで 堀秀道 草思社 1990年 ts
(鉱物学について楽しく学ぶことができる。カラー写真は少ない)

楽しい鉱物図鑑 堀秀道 草思社 1992年 t
楽しい鉱物図鑑2 堀秀道 草思社 1997年 t
(バイブル的な鉱物図鑑。素晴らしい標本写真がたくさん載っている。ただし、重く高価)個人的には二巻のほうが好き。

東海鉱物採集GUIDE BOOK 名古屋鉱物同好会 七賢出版 1996年 t
(ひじょうに役立つ産地情報の本。写真もけっこう多い。現在入手困難)説明文はかなり詳しいが妄想の翼を広げて大空に飛び立ってしまう危険あり。

愛知県版 きらめき鉱物・化石ガイド 横山良哲 風媒社 2000年 t
(非常にローカルな本。地学全般についても紹介されている。使い勝手は必ずしもよくない)

最新 図表地学 浜島書店 毎年更新 
(鉱物・化石に直接関係するページは少ないが、地学の入門としてよい。安価)

図解雑学 鉱物・宝石の不思議 近山晶著 ナツメ社
(写真と文章でわかりやすく説明されている。眺めるだけでも十分楽しめる。 初学者向けの一冊。)

地質班のページへ戻る