パライバトルマリン
(Paraiba Torumalin)

 パライバトルマリンはトルマリングループに属し、少量の銅を含んでおり、その歴史は新しく1987年にブラジルのパライバ集で発見された宝石です。パライバトルマリンはトルマリン(電気石)グループ←(準宝石)に含まれる宝石なのですが、非常に高価な代物で、ダイアモンドと同じか、それ以上のお値段がします。なぜなら、この宝石は@ほとんど産出しない(ブラジルのパライバのみで産出) A他にこのような色を持った宝石がない《スカイブルー(青〜青緑)でチョーきれい。》ためです。現在も採掘は続けられているようですが、産出量が少ないために非常に価値のある宝石だと思います。
 (現在、アフリカなどでもパライバトルマリンに似た色の銅を含んだトルマリンが発見されています。←ちょっと色が薄いように感じます。)

 パライバトルマリンは

産地:ブラジルのパライバ州
モース硬度:7〜7.5
値段:2500円
購入 :東京ミネラルショー(2007)

戻る