紅柱石(アンダルサイト)
(andalsite)

 この石は組成式Al2SiO5で同一の化学組成を持つ鉱物の中に藍晶石と珪線石があります。これらの鉱物は鉱物ができるときの温度と圧力によって決まるらしいです。日本でもいろいろな場所で採取することができますが、宝石質のような立派なものは採取できません。また、宝石質の紅柱石はアイオライトと同じように多色性という性質を持っていて、見る角度によって橙色〜淡緑色(変化しすぎ!)に変化します。

 紅柱石が取れると言われる場所が実家の隣の市であったことから、「行ける!」という強い信念を持って自転車で出発しました。(しかも2008年3月の昼から) 結果は産地には無事到着しましたが、どの石が紅柱石か分からずにいろいろな石を割りながら右往左往するはめに(しかもよりによって産地は川岸)・・・。最終的に日が暮れて親に軽トラックを出してもらい、震えながら帰った思い出があります。


全長4mm程度です。

 

      
注:同じ石を写しています(角度が違うだけ)

組成式:Al2SiO5
産地:タンザニア産
モース硬度:7.5
値段:500円
購入:東京ミネラルフェア(2008)

戻る