中秋の名月

旧暦の8月15日を中秋と呼び、その日の夜に出る月のことを「中秋の名月」という。
この日は
必ずしも満月とは限らないが、この頃が月見には最適とされる。
また、秋(7-9月)の中頃という意味で仲秋と呼び、「仲秋の名月」と表記する場合もある。

なぜこの時期かというと 、秋や冬は空気が乾燥していて月が鮮やかに見え、
しかも秋は湿度も低く夜でもそれほど寒くないのでお月見に向くのである。

日本では十五夜(旧暦8月15日)だけでなく、 旧暦の9月13日にもお月見をする習慣がある。
この日の月を 「十三夜」と呼び、十五夜に月見をした場所と同じ所でお月見をする。

十五夜と十三夜のどちらかだけしかお月見をしないことを 「片月見」」といい、
縁起の悪いものとされる。しかし地域によっては十三夜だけをやる場所もあるらしい。

 

天文班のページに戻る