明けの明星・宵の明星

どちらも金星の事を指し、明け方に東の空に見える金星を「明けの明星」、
夕方に西の空に見えるものを「宵の明星」と呼ぶ。

金星は公転軌道が地球より内側にあり、天球上では太陽の近くに位置することが多い。
そのため、昼間に金星を肉眼で確認することは簡単ではないが、
夜明けや夕暮れ時など空が暗い頃に地平線上に現れていることがある。

その最大光度は1等星の約170倍にもなり、薄暗い空でひときわ明るく輝いて見える。
一番星として見つけられやすい星でもある。


 

天文班のページに戻る