日本の人工衛星
天文班のページに戻る

注)このページは作成されてから更新していません。多くのリンクはアクセスできないことが予想されますが、作成した先輩方に敬意を表して作成時のまま掲載を続けます。

JAXAキッズ      → http://spaceinfo.jaxa.jp/note/eisei/j/eis15_j.html
JAXAの歴史     → http://www.isas.ac.jp/j/about/history/index.shtml
STUDIO KAMADA  → http://homepage2.nifty.com/m_kamada/
三菱電機       → http://www.mitsubishielectric.co.jp/society/space/satellite/engineering/eng00_b.html#top
NASDA         → http://www.nasda.go.jp/projects/sat/index_j.html


1970年 2月11日

 

日本初の人工衛星「おおすみ」
                http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/ohsumi.shtml              
  目的は、科学衛星打ち上げ計画に向けての、L-4S(ラムダ4S)型ロケットによる衛星打ち上げ方式の確認のため。五号機目で、衛星軌道投入に成功。

1971年 2月16日

技術試験衛星(MS-T1)「たんせい」
               http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/tansei.shtml             
  目的は、おおすみのデータを基にした軌道投入後の衛星環境と機能試験。名前は「淡青」

     9月28日

 

第1号科学衛星「しんせい」
               http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/shinsei.shtml
  目的は、電離層、宇宙線、短波帯太陽雑音などの観測。太陽電池を使用したもので、太陽が当たる時は太陽電池で充電し、日陰時には放電して機器に電力を供給。ただ、宇宙線の影響を受けるため、設定などで打ち上げ前から苦労したそうです。

1972年 8月19日

 

第2科学衛星(REXS)「でんぱ」
                http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/denpa.shtml             
  目的は、地球を取り巻く電離層から、磁気圏に渡る領域の電磁場現象を観測。太陽系全体を満たしているプラズマの研究を目的としたもの。

1974年 2月16日


技術試験衛星(MS-T2)「たんせい2号」
               http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/tansei2.shtml              
  目的は、ロケット特性の測定と衛星についての工学的試験。その中でも重要だったのが、地球磁気を利用した衛星姿勢制御方式のテスト。たんせい2号はこまと同様、スピンにより姿勢の安定を保ち、このスピン軸を地磁気との作用で変向させるスピン軸方向制御装置や姿勢保持用の電磁石を搭載。

1975年 2月24日

 

第3科学衛星(SRATS)「たいよう」
               http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/taiyo.shtml             
  目的は、超高層大気物理学研究を主目的とした、太陽軟X線、太陽真空紫外放射線、紫外地球コロナ輝線などの観測。西ドイツと共に電離層の解明を目的とした観測もした。

     9月 9日

 

技術試験衛星(ETS-I)「きく」
               http://www.nasda.go.jp/projects/sat/ets1/index_j.html              
  宇宙開発事業団(現、JAXA)として初の人工衛星。目的は、打ち上げ環境の測定や、定常時の衛星の動作特性、環境測定や距離及び距離変化率の測定、伸展アンテナの伸展実験。

1976年 2月 4日

X線観測衛星「CORSA」          
  すだれ型X線コリメータを搭載した宇宙X線観測衛星。M-3Cロケットで打ち上げられた。X線星や、X線バーストや 硬軟X線星雲などの観測を目的とした。

     2月29日

 

地球観測衛星(ISS)「うめ」
             http://www.nasda.go.jp/projects/sat/iss/index_j.html             
  目的は、電離層の観測で、電離層臨界周波数や、電波雑音源の分布観測、電離層上部の空間におけるプラズマ特性や 正イオン密度の測定。ただし、1ヶ月後に故障。

1977年 2月19日

 

技術試験衛星(MT-T3)「たんせい3号」
               http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/tansei3.shtml             
  目的は、たんせい2号と同じです。特に第五号以降の科学衛星に必要な技術として、沿磁力線姿勢安定化方式コールド・ガスジェットによるスピン軸制御実験などを行った。

     2月23日

初の静止衛星(ETS-U)「きく2号」
               http://www.nasda.go.jp/projects/sat/ets2/          
  目的は、静止衛星の打ち上げ技術の確立、追跡管理技術、軌道保持、姿勢保持技術の習得、宇宙での通信試験。

     7月14日

 

 

静止気象衛星(GMS)「ひまわり」
               http://www.nasda.go.jp/projects/sat/gms/index_j.html            
  世界気象機関(WMO)と国際学術連合会議(ICSU)が共同で行った地球大気観測計画の一環としたもの。テレビの天気予報などでおなじみの衛星です。可視赤外線走査放射計(VISSR)による地球画像、海面、台風発生と動き、低気圧等の気象現象、雲頂の高さ、雲量、上層・低層の風向風速、海面温度などの観測。VISSR処理画像の利用者への配信。ブイ・船舶・離島観測所(通報局装置、DCPを搭載している)などからの気象観測データ収集、宇宙環境モニター(SEM)太陽陽子、アルファ粒子、電子の観測などに使用されました。

    12月15日

・実験用中容量静止通信衛星(CS)「さくら」
               http://www.nasda.go.jp/projects/sat/cs/index_j.html       
  今後の実験衛星通信システムの実現を目的として、郵政省やNTTによって打ち上げられた実験衛星。

1978年 2月 4日

 

第5科学衛星(EXOS-A)「きょっこう」
               http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/kyokko.shtml            
  プラズマ密度・温度・組成、電子エネルギー分布、地球コロナ分布の観測。オーロラ観測を主目的として、太陽風と地球大気の影響による様々な物理現象を起こす磁気圏の観測。世界で初めて、紫外線像の撮影に成功し、この写真により、オーロラの上空にはプラズマの乱れがあり、そこから強い電磁波が放射されていることが発見されました。
     2月16日
地球観測衛星(ISS-b)「うめ2号」
               http://www.nasda.go.jp/projects/sat/iss/index_j.html           
  うめの予備機。目的は同様。1983年に運用終了しています。

     4月 8日

 

実験用通信衛星(BS)「ゆり」
                http://www.nasda.go.jp/projects/sat/bs/index_j.html            
  家庭で衛星からのテレビ電波を直接受信する、直接放送衛星システムのための実験衛星。家庭用衛星放送システムの技術的条件の確立や、制御・運用技術確立のための実験、衛星からの電波受信効果の確認実験が目的。

     9月16日


第6号科学衛星(EXOS-B)「じきけん」
               http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/jikiken.shtml         
  目的は、太陽風と地球大気の影響により物理現象を起こす磁気圏(地球の周囲半径約6万から7万kmの範囲)の観測、特にオーロラの観測を主目的としたもの。1976年から1979年にわたり実施された、国際磁気圏観測計画に参加していました。GEOSなどの外国の科学衛星と、相互連絡やデータ交換もしました。

1979年 2月 6日

実験用静止通信衛星(ECS)「あやめ」
                http://www.nasda.go.jp/projects/sat/ecs/index_j.html            
  通信衛星の打ち上げ技術の確立、ミリ波による通信実験が目的

     2月21日

 

第4号科学衛星(CORSA-b)「はくちょう」
                http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/hakucho.shtml           
  1976年に打ち上げられたCORSAの代替衛星。CORSAは軌道投入に失敗したためです。目的はCORSAと同じですが、特に、強いX線を放射している白鳥座のX-1というブラックホールと思われる天体が主要ターゲットで、名前もここからきている。

1980年 2月17日
技術試験衛星(MS-T4)「たんせい4号」
                http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/tansei4.shtml             
  目的は、2号3号同様。特に第七号科学衛星に必要な磁気力による、スピン軸太陽オフセット指向自動制御や、第八、九号科学衛星に要求されたフライ・ホイールによる姿勢制御試験などの実験を行った。
     2月22日
実験用静止通信衛星(ECS-b)「あやめ2号」
                http://www.nasda.go.jp/projects/sat/ecs/index_j.html              
  あやめと同じ目的です。予定されていたトランスファ軌道に投入されましたが、アボジモーターの不具合によりミッションは達成されませんでした。あやめも、故障によってミッションは達成されていません。

1981年 2月11日

 

技術試験衛星(ETS-W)「きく3号」
                http://www.nasda.go.jp/projects/sat/ets4/              
  目的は、N-Uロケットの遷移軌道投入能力の確認と打ち上げ環境条件の習得、大型衛星の製作・取り扱い技術の習得、搭載機器の宇宙環境下での機能試験。ETS-Wなのに、きく3号と付いたのは、ただ、V型よりも早く打ち上げられたため。

     2月21日

 

第7号科学衛星(ASTRO-A)「ひのとり」
                http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/hinotori.shtml              
  1980年から1981年をピークとする、太陽活動極大期での太陽フレアの観測を目的とした衛星。フレアをX線画像でとらえ、急速に変化するフレアのX線の様子を早時間分解能でとらえることが出来る。
     8月11日
静止気象衛星(GMS-2)「ひまわり2号」
  ひまわりに続いて、宇宙からの気象観測に使用するための衛星。

1982年 9月 3日

 

技術試験衛星(ETS-V)「きく4号」
               http://www.nasda.go.jp/projects/sat/ets3/
  増大する人工衛星の電力需要に応えるための三軸姿勢制御・太陽電池パドルの展開、能動式熱制御などの技術試験・確認を目的としたもの。


1983年 2月 4日

 

通信衛星(CS-2a)「さくら2号‐a」
               http://www.nasda.go.jp/projects/sat/cs/index_j.html    
  さくら2号bと二機で構成されています。非常災害時における通信の確保、離島との通信回線の設定、臨時通信回路の設定、通信衛星に関する技術の開発が目的

     2月20日



第8号科学衛星(ASTRO-B)「てんま」
               http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/tenma.shtml
  X線星、X線銀河、ガンマ線バースト、軟X線星雲の観測を行う衛星。はくちょうに続く、日本で二番目のX線天文観測衛星。はくちょうは中性子星を中心に、X線パルサー、X線バースト源などのX線天体を観測しました。てんまははくちょうよりも優れた分解能力のある観測装置を搭載していたため、はくちょうにより明らかになった問題の解明に役立ちました。
     8月 6日 通信衛星(CS-2b)「さくら2号‐b」

1984年 1月23日

 

放送衛星(BS-2a)「ゆり2号-a」
  2bもそうですが、山間部などでのテレビ放送の難視聴地域の解消を目的としたもの各家庭に直接放送番組を送る世界最初の直接放送衛星(DBS)

     2月14日

 

第9号科学衛星(EXOS-C)「おおぞら」
               http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/ohzora.shtml
  これには11種類の観測機があり、5つは大気環境の研究、6つは地球の電磁気環境の研究に使用されました。たいようきょっこうじきけんに続く、四つ目の地球周辺観測衛星です。
     8月 3日
静止気象衛星(GMS-3)「ひまわり3号」
  ひまわり2号に続いて、宇宙からの気象観測に使用するための衛星。

1985年 1月 8日

 

初の太陽周回軌道衛星「さきがけ」
               http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/sakigake.shtml
  試験惑星探査機(MS-T5)で、ハレー彗星の探査のために打ち上げられました。太陽風イオン観測機と飛翔体試験装置を搭載。下記のすいせいと共に、ハレー彗星を観測しました。

     8月19日

 

第10号科学衛星(PLANET-A)「すいせい」
                http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/suisei.shtml
  目的は、76年ぶりに接近したハレー彗星の観測です。じきけんきょっこうと共に、1976年から1979年にわたり、国際磁気圏観測計画に参加していました。

  
1986年 2月12日  放送衛星(BS-2b)「ゆり2号‐b」

     8月13日

 

 

 

測地実験衛星(EGS)「あじさい」
               http://www.nasda.go.jp/projects/sat/egs/index_j.html
  日本の地図の作成や離島の正確な位置を決めるために、国土交通省国土地理院及び、海上保安庁水路部が活用しています。

磁気軸受けフライホイール実験装置MABES「じんだい」

アマチュア無線衛星(JAS-1)「ふじ」
  
アマチュア無線通信を衛星中継するために開発され、アナログとデジタルの中継を国際的規模で行う。


1987年 2月 5日

 

第11号科学衛星(ASTRO-C)「ぎんが」
               http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/ginga.shtml
  はくちょうてんまに続いて、三番目のX線天文衛星。銀河系内の中性子星やブラックホールの他に、より遠くの活動銀河の観測を目的としています。

    2月 19日



海洋観測衛星1号「もも1号」(MOS-1)
               http://www.eoc.jaxa.jp/satellite/satdata/mos_j.html
               http://www.nasda.go.jp/projects/sat/mos1/index_j.html
  地球資源の有効利用、環境保全などの地球観測を行うために開発されました。日本の自主技術で開発され、日本初の地球観測衛星。

    8月 27日



技術衛星(ETS-V)「きく5号」
               http://www.nasda.go.jp/projects/sat/ets5/
目的は、打ち上げようロケットのH-Iロケット性能確認、船舶の通信・航空援助・捜索救難のための移動体通信実験(船舶・航空機・自動車などの移動体への衛星を利用して通信を行う通信システムの研究開発)。従来の無線では、有効範囲・品質・情報量の点で満足いっていなかったため、開発。

1988年 2月 19日 通信衛星(CS-3a)「さくら3号‐a」

     9月 16日

 

・通信衛星(CS-3b)「さくら3号‐b」
               http://www.nasda.go.jp/projects/sat/cs/index_j.html
  離島の国内中継回線、臨時通信回線、新形態の回線サービスの提供をする国内通信業務や公共通信などにしよう。先代のCS-2に比べて、通信性能や経済性・信頼性の向上を図ると共に、国産技術がかなり採用された。

1989年 2月 22日



第12科学衛星(EXOS-D)「あけぼの」
                http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/akebono/index.shtml
  きょっこうじきけんに続いて、三つ目の磁気圏観測衛星。オーロラに関する磁気圏の物理現象の解明が目的。両極上空の5000〜1万kmの領域でオーロラの発光を起こす電子は、エネルギーを得て磁場に沿って待機の上層まで降り注いでいます。あけぼのはこの領域を通過しながら、電場、磁場、電子、イオン、プラズマ波動を計測すると共に、オーロラが変化する状態を撮影します。

      9月 6日

 

静止気象衛星(GMS-4)「ひまわり4号」
  日本の気象業務の改善と気象衛星に関する技術の開発を目的としたGMSシリーズ四号機。世界気象機関が進めている「世界気象監視(WWW)計画」として、地球を五個の静止衛星(日本のひまわり、アメリカのGOESが二機、欧州宇宙機関のMETEOSAT、インドのINSAT)などで、カバーする気象観測衛星の1つ。地球表面の四分の一ほどの範囲を観測します。

天文班のページに戻る   このページのトップに戻る


1990年 1月 24日

 

第13科学衛星(MUSES-A)「ひてん」
         http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/hiten.shtml             
  本格的な宇宙工学実験を目的とした、最初の科学衛星。将来の惑星探査計画に必要な、軌道の精密標定・制御・高効率データ伝送技術や、月の重力を利用した宇宙飛翔体の軌道変換(スイング・バイ実験)を主目的としています。

     2月  7日

 

 

 

 

伸展展開機能実験ペイロード(DEBUT)「おりづる」
  微笑重力環境を得るための、テザー/ブーメラン衛星の主要機構要素の実証のため、ブームの伸展・展開実験、空力傘の伸展・収納実験、伸展・展開時の振動特性測定を目的としています。

海洋観測衛星(MOS-1b) もも1号b
         http://www.eoc.jaxa.jp/satellite/satdata/mos_j.html
  1号及び1号bには、可視近赤外線放射計(MESSR)、可視熱赤外線放射計(VTIR)、マイクロ波放射計(MSR)の三つの観測機器が搭載されています。 一つ目により陸域と海域、二つ目は雲と海面温度、三つ目は海面・大気中の水蒸気・海氷・積雪を観測対象としています。

アマチュア無線衛星(JAS-1b)「ふじ2号」

     8月 28日
放送衛星(BS-3a)「ゆり3号-a」

1991年 8月 25日


・放送衛星(BS-3b)「ゆり3号‐b」
   沖縄や小笠原など、離島を含む日本全土の一般家庭向け直接衛星放送サービスに利用。先代と比べ高出力、多チャンネル化、超寿命化などの特徴がある。3aは太陽電池パドル6枚のうち、高圧用の四枚中一枚が不調になり、供給できる高圧用電力が低下したそうです。そのため、1年半は3チャンネル中継器が全て作動できると予想されていたのですが、平成3年3月に数十年ぶりの大きな太陽フレアにより、劣化して2チャンネルになってしまい、既に寿命だったBS2bを再活用したそ うです。

     8月 30日

 

第14号科学衛星(SOLAR-A)「ようこう」
          http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/yohkoh/index.shtml
  ひのとりに続いての、太陽フレア観測衛星。太陽フレア(大爆発現象)と太陽コロナで発生する様々な活動現象の観測に使用。

1992年 2月 11日

 

地球資源衛星1号(FERS-1)「ふよう1号」
          http://www.nasda.go.jp/projects/sat/jers1/index_j.html
  地球全陸域を観測し、資源探査を主目的で、国土調査・農林漁業・環境保全・防災・沿岸監視などの観測を行った。

     7月 24日

 

・磁気圏観測衛星(GEOTAIL)「ジオテール」
          http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/geotail/index.shtml
  地球(GEO)の尻尾(TAIL)、地球磁気圏の尾部を探る衛星。

1993年 2月 20日

 

 

第15科学衛星(ASTRO-D)「あすか」
          http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/asca/index.shtml
   日本で四つ目のX線天文衛星。宇宙空間の星・銀河のX線観測、銀河団などの宇宙最深部のX線による観察を目的としています。超新星の残骸、銀河団の超高温プラズマ、中性子星、ブラックホールなどのX線星、クェーサー等活動銀河の分光学的研究に使用されます。

1994年 2月 4日

 

 

 

 

H-Uロケット性能確認用ペイロード(VEP)「みょうじょう」
        http://www.nasda.go.jp/projects/rockets/h2/vep/index_j.html            
   新射場設備との適合性の確認、ロケットの軌道投入制度の確認。開発コスト低減のために、技術試験衛星W型(きく3号)などの設計と製作品を活用。

軌道再突入実験機(OREX)「りゅうせい」                 
        http://www.nasda.go.jp/projects/rockets/orex/index_j.html             
   宇宙ステーションで実験した成果物の回収や補給などを行ったのちに、シャトルのように地上に帰ってくる無人有翼回収機(宇宙往還機)、HOPEを開発するための実験機。再突入飛行環境下での空気力及び空力加熱基礎データと耐熱構造基礎データ。突入時の通信途絶現象基礎データとGPS受信機による航法基礎データを取得することが目的です。

    8月 28日

 

技術衛星(ETS-Y)「きく6号」    
        http://www.nasda.go.jp/projects/sat/ets6/
  目的は、21世紀に必要となる「2t級静止三軸姿勢制御型の実用衛星」の技術基盤の確立。また、H-Uロケットの能力確認。


1995年 1月 15日

 

・自立帰還型無人宇宙実験システム(ESPRESS)「エクスプレス」
      http://www.usef.or.jp/f3_project/express/f3_express.html
  ドイツ航空宇宙機構DARAがロシアに依頼して製造した再利用可能な回収型カプセルで、初の日独共同宇宙計画として五回ほど実験をする予定だった。地球周回軌道上の微小重力環境で、新しい石油精製の触媒を作る実験。

     3月 18日

 

 

宇宙実験・観測フリーフライヤー「SFU」
     http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/sfu.shtml
            
静止気象衛星(GMS-5)「ひまわり5号」

  ひまわり4号を引き継いだ衛星。気象観測データのみでなく、船舶などの非常用位置指示無線標識(EPIRB)が発信する遭難信号を中継して、捜索救難活動に活用する実験なども目的としています。

1996年 8月 17日

 

 

 

 

 

地球観測プラットフォーム技術衛星(ADEOS)「みどり」
                 http://www.nasda.go.jp/projects/sat/adeos/index_j.html
                 http://www.eoc.jaxa.jp/satellite/satdata/adeos_j.html
                 http://spaceinfo.jaxa.jp/note/eisei/j/eis101_kansoku.html
  八つのセンサー(海色海温走査放射計OCT、高性能可視近赤外放射計AVNIR、改良型大気周縁赤外分光計ILAS、地上・衛星間レーザー長光路吸収測定用リトロリフレクターRIS、温室効果気体センサーIMG、NASA散乱計NSCAT,オゾン全量分光計TOMS、地表反射観測装置POLDER)を搭載した地球観測衛星。地球温暖化やオゾン層破壊、熱帯雨林減少、異常気象の発生などの環境変化などを、全地球規模での観測データを取り、地球環境監視に役立てることが目的。それと共に、将来の衛星の開発に必要なプラットフォーム技術と地球観測等の衛星間データ技術の開発が目的。

・アマチュア無線衛星(JAS-2)「ふじ3号」
  アマチュア無線による通信のために打ち上げられた衛星。以前のふじふじ2号の機能を継承しています。ふじに記述した目的に加え、新通信システムと新技術習得の機会の提供、新型太陽電池と半導体の宇宙使用実験を行う。


1997年 2月12日

 

 

第16号科学衛星(MUSES-B)「はるか」
                http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/halca/index.shtml             
   ひてんに続く宇宙工学実験衛星。大型展開式のパロボラアンテナにより、地球局との間でスペースVLBI(人工衛星による超長基線干渉計方式)の実験を行う。これにより、地球上では得られない超遠距離を基線として、同時刻に天文電波を受信して、両者の時間差から角度電解脳の高い天文観測ができる。このために必要なパラボラアンテナの展開、姿勢安定技術、精密時刻計測などの問題究明を目的としています。

    11月28日

 

 

 

 

 

 

・ 熱帯降雨観測衛星TRMM
                http://www.jaxa.jp/missions/projects/sat/eos/trmm/index_j.html
                http://www.nasda.go.jp/projects/sat/trmm/index_j.html
                http://www.eorc.nasda.go.jp/TRMM/index_j.htm 
                http://www2.nict.go.jp/dk/c211/project/TRMM/TRMM1_J.html             
   世界で初めて人工衛星から降雨観測を行う。エルニーニョ現象や砂漠化等の、地球規模の環境変化を知り、仕組みを明らかにするための長期・広範囲な観測を行う。

・技術衛星(ETS-Z)「きく7号( おりひめ・ひこぼし)」
                http://spaceinfo.jaxa.jp/note/eisei/j/eis9810_ets7_01_j.html
  目的は、ランデブー・ドッキング、及び宇宙用ロボットの基礎技術習得。これは、チェイサ衛星「ひこぼし」とターゲット衛星「おりひめ」から出来ている衛星。打ち上げ後おりひめを軌道上に分離して、相手に自動で遠隔操作するランデブードッキング技術実験をしたもの。ひこぼしのロボットアームや実験用軌道上交換ユニットにより、地上からの遠隔操作によるロボット実験を行った。

また、きく8号にあたるものが、平成18年度打ち上げ予定。     
                http://www.jaxa.jp/missions/projects/sat/tsushin/ets8/


1998年 2月 21日


通信放送技術衛星(COMETS)「かけはし」
                http://www.nasda.go.jp/projects/sat/comets/index_j.html             
   静止軌道上の衛星経由で観測衛星等と地上局間の通信を中継する衛星間通信技術、広域帯の地域別放送・高精細度テレビジョン放送等の高度衛星放送技術などの通信放送分野の新技術や大型静止衛星の高性能化技術の開発・試験・実証を目的としたもの。

      7月 4日

 

火星探査機(PLANET-B)「のぞみ」
                http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/complate/nozomi/index.shtml           
   火星の上層大気を調べて、太陽風との関係や現象を研究するためのもの。 

1999年 11月15日



・運輸多目的衛星MTSAT
                http://www.data.kishou.go.jp/satellite/chokan.html
   気象観測と飛行機の位置測定の二つの役割を備えた衛星。前者については気象衛星ひまわりの観測を受け継いで、赤外線センサーなどにより、雲の分布・高さ、風の状況、海面温度分布などの情報を測定し地上に送ります。また、交通手段の不便な観測地点で観測されたデータなどを中継して、地上の観測所に送ることが可能。後者は、北太平洋などのアジア太平洋地域において、飛行機の位置を正確に測定し、空の交通安全に役立てたり、飛行機と管制室の通信を中継したりする。

2000年 12月20日

 

・技術衛星[型ETS-[大型アンテナ「LDREX」
                http://www.jaxa.jp/missions/projects/sat/tsushin/ets8/index_j.html
   3t級静止衛星バス技術習得や大型展開構造物などの基盤技術の習得、移動体衛星通信システム、移動体デジタルマルチメディア放送システムの技術開発、高精度時刻基準装置による測位等の基盤技術習得が目的。

2001年 8月 29日


・レーザー測距装置LRE
                http://www.nasda.go.jp/topics/2001/topics_011225_j.html
                http://www.nasda.go.jp/press/2001/09/lre_010906_j.html

2002年 2月 4日

 

 

 

・民生部品・コンポーネント実証衛星(MDS-1)「つばさ」
                http://www.jaxa.jp/missions/projects/sat/tsushin/mds/index_j.html            
  民間で使われている高性能な新部品を搭載して打ち上げ、実際に宇宙で使えるかどうかを確認するためのもの。今までは、故障しないよう性能が古くても信頼性が高く高価なものを使っていたが、今後の開発ではコストダウンと開発のスピードアップが必要なため、民間のものをテストして、短時間・安価・高性能な衛星や宇宙機器を作るための参考にする。
           
・ 高速再突入実験機DASH
                http://spaceinfo.jaxa.jp/note/eisei/j/eis0307_dash_j.html
  高速で大気に突入するために必要な技術確立のための飛行実験。

     5月 4日

 

・地球観測衛星(EOS-PM1)「AQUA」
                http://www.jaxa.jp/missions/projects/sat/eos/aqua/index_j.html
                http://www.nasda.go.jp/press/2002/02/eospm1_020213_j.html
   地球大気・海洋・陸の相互作用、気候変動に関する観測データを取得することが目的で、観測する地域の地方時が午後になる軌道を周回する。

    9月 10日

 



・データ中継技術衛星(DRTS)「こだま」
                http://www.jaxa.jp/missions/projects/sat/tsushin/drts/index_j.html       
   低い軌道を回る人工衛星や宇宙機と、地上の基地との通信中継をする実験衛星。国際宇宙ステーション(ISS)が完成すると、地上基地との大量のデータ通信が必要になりますが、現状では、日本上空にISSが来た時にしか交信できない。将来の衛星間通信のための実験などが目的。

・次世代型無人宇宙実験システム(USERS)宇宙機

    12月14日

 

 

 

 

 

 

 

 

・環境観測技術衛星(ADEOS-U)「みどりU」
                http://spaceinfo.jaxa.jp/note/eisei/j/eis_9808_adeos2_j.html
                http://www.nasda.go.jp/projects/sat/adeos2/index_j.html
                http://www.jaxa.jp/missions/projects/sat/eos/adeos2/index_j.html
   五つのセンサー(高性能マイクロ波放射計AMSR、グローバル・イメージャGLI、改良型大気周縁赤外分光計U型ILAS-U、海上風観測装置Sea Winds、地表反射光観測装置POLDER)を搭載しています。先代のみどりの観測ミッションを引き継ぎ、地球温暖化などの地球規模の環境変動の研究のためのデータを取ることが目的。そして、そのデータを気象・漁業などに利用を図り、観測技術の開発・高度化を目的としています。

Fed Sat(豪州小型衛星)http://www.crcss.csiro.au/
   通信システムのために、オーストラリアのCooperative Research Centre(https://www.crc.gov.au/Information/default.aspx)とオーストラリアの四つの会社と、六つの大学、そして二つの政府機関の合弁事業。

WEOSS(観太くん、鯨生態観測衛星)http://www.it-chiba.ac.jp/intro/whale/
   日本で初めて、学生が設計・製作に携わった衛星で、民生部品を利用した小型衛星の先駆け。千葉工業大学が展開しているプロジェクト。

μ‐Lab Sathttp://www.jaxa.jp/missions/projects/sat/tsushin/labsat/index_j.html
   JAXAの技術開発本部職員が手作りで製作した小型衛星。最新の民生部品を使い、高機能・低コストの小型衛星を短期間で作るための技術習得などを目的としたもの。職員の経験・技術向上に役立て、また将来の衛星に採用されるロケットとの分離機構や遠隔検査技術の実験を行い、小型衛星バス技術を蓄積することが目的。


2003年 3月28日


・情報収集衛
               http://www.f5.dion.ne.jp/~mirage/message11/jigs_mm.html             
   政府が、大規模災害、大事故対策に活用し、また、北朝鮮のミサイル発射実験及び動向を注視するために、日本の専守防衛政策を逸脱しない範囲で運用するもの。

     5月 9日

 

 

 

第20科学衛星(MUSES-C)「はやぶさ」
                http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/hayabusa/index.shtml            
   将来の惑星探査に必要となる、最先端技術の実験・実証が目的

    1,イオンエンジンを主推進系とする惑星間の航行
    2,光学情報に基づく自律的な航法・誘導・制御機能
    3,微小重力かにおける表面試料の採集
    4,惑星間飛行からの直接地球大気圏再突入による試料回収
   また、小惑星の科学観測を行う。2005年9月12日に小惑星イトカワに到達しました。


2005年 2月 26日

 

 

気象観測衛星(MTSAT-1R)「ひまわり6号」(このページの下へ移動します)
                http://mtsat1r.rocketsystem.co.jp/(別のホームページに移動します)
   静止気象衛星GMSシリーズの五号機、ひまわり五号が運用を停止したのが、2003年5月頃。それ以降は、バックアップ用としてアメリカの気象衛星ゴーズ9号をレンタルして補っていました。その観測を引き継いだのが、MTSAT-1R、ひまわり6号です。従来のGMSシリーズに比べると、様々な情報を高精度で観測する「運輸多目的衛星」と言えるそうで、2005年6月28日から気象ミッションの正式運用を開始。

     7月 10日


第23号科学衛星(ASTRO-EU)「すざく」
                http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/astro-e2/index.shtml
   日本で五番目のX線天文衛星。2000年2月に失敗したASTRO-E衛星の後継機。宇宙の奥深くにある天体をX線で観測することで、X線連星、超新星残骸、ブラックホールなどを高い精度と感度の装置で観測を行います。

     8月 24日

 

 

・ 光衛星間通信実験衛星(OICETS)「きらり」
                http://www.jaxa.jp/missions/projects/sat/tsushin/oicets/index_j.html
   欧州宇宙機関ESAの先端型データ中継技術衛星ARTEMISとの間で、実証実験を行うのが目的。
           
・ 小型科学衛星INDEX 「れいめい(黎明)」
                http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/index/index.shtml

天文班のページに戻る   このページのトップに戻る

 

打ち上げ予定  http://www.jaxa.jp/missions/in_progress/index_j.html

平成17年度
     
H-UAロケット・・・・ALOS(陸域観測技術衛星)
                 MTSAT-2(運輸多目的衛星2号機)、
                 次期情報収集衛星1
        http://www.jaxa.jp/missions/projects/sat/eos/alos/index_j.html

     MTSAT-2は運輸多目的衛星新1号(ひまわり6号)のバックアップとして使われる衛星ですが、ひまわり6号とは違い、三菱電機に発注されました
        http://www.mitsubishielectric.co.jp/society/space/satellite/observation/obs01_b.html 。

     M-Vロケット・・・・・ASTRO-F(赤外線天文衛星)
        http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/astro-f/index.shtml
    
     アリアンVロケット・・LDREX-2(大型展開アンテナ小型・部分モデル2)
        http://www.satnavi.jaxa.jp/project/ets8/ 

 

平成18年度
     H-UAロケット・・・・ETS-[(技術試験衛星[型)
                 
SENELE(月周回衛星)
                 次期情報収集衛星
        http://www.jaxa.jp/missions/projects/sat/tsushin/ets8/
        http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/selene/index.shtml

     M-Vロケット・・・・ SOLAR-B(太陽観測衛星)
        http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/solar-b/index.shtml

     
GXロケット・・・・・LNG推進系飛行実証1
        http://www.jaxa.jp/missions/projects/rockets/lng/index_j.html

 

平成19年度
     H-UAロケット・・・・WINDS(超高速インターネット衛星)  →  http://www.jaxa.jp/missions/projects/sat/tsushin/winds/index_j.html
                 H-UAロケット能力向上型       →  http://www.jaxa.jp/missions/projects/rockets/h2a/index_j.html
                 GOSAT(温室効果ガス観測技術衛星)→  http://www.jaxa.jp/missions/projects/sat/eos/gosat/index_j.html
        
       
     
スペースシャトル・・・JEMモジュール http://iss.sfo.jaxa.jp/iss/doc09.html
     GXロケット・・・・・LNG推進系飛行実証2


それ以降

 HTV(宇宙ステーション補給機)技術実証機      →   http://www.jaxa.jp/missions/projects/rockets/htv/index_e.html
 
PLANET-C(金星探査衛星)               →   http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/planet-c/index.shtml
 生命科学実験施設(セントリフュージ)         →   http://www.jaxa.jp/missions/projects/iss_human/centrifuge/index_j.html
 GPM/DPR(全球降雨観測/二周波降水レーダ)
 準天頂衛星‐1、準天頂衛星‐2、準天頂衛星‐3  →   http://qzss.jaxa.jp/
 BepiColombo(国際水星探査計画)          →   http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/bepi/index.shtml


1、L-4S型ロケット    L-4S型ロケットというのはミューロケットによる科学衛星打ち上げのための模擬実験機。

2、ミューロケット: http://www.wdic.org/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   東京大学宇宙航空研究所(現;JAXA宇宙科学研究本部(ISAS))が開発したもので、衛星打ち上げ用固体燃料ロケット。固体燃料ロケットでは世界最強とも評され、ミュー(M)という名前は、先のロケット、ギリシャ文字のκ(かっぱ)の次のμ(みゅー)から命名されたもの。シリーズは第一世代から第五世代まである。
     
  第一世代は、四段式固体燃料ロケット。重力ターン方式M-4Sで、尾翼とスピンにより安定を保ちます。これにより打ち上げられた衛星は、“たんせい”、“しんせい”、“でんぱ”です。

  第二世代は、三段式固体燃料ロケットM-3Cとその改良型のM-3Hです。前者は、第二段と三段を新規開発して、SITVC(二次噴射推力方向制御装置)とサイドジェット装置を搭載していました。これにより打ち上げられた衛星は、“たんせい2”、“たいよう”、“はくちょう”。 後者は、第一段の長さを伸ばして推進剤を増やし、運搬可能なペイロード重量(許容搭載重量)を増やしたものですが、基本的に前者と同じ。これにより打ち上げられた衛星は、“たんせい3”、“きょっこう”、“じきけん”です。

  第三世代は、三段式固体燃料ロケットM-3Sで、第二段だけでなく、第一段にもTVC(推力方向制御装置)を搭載し、機動投入精度の向上と打ち上げ条件の緩和を実現したもの。これにより打ち上げられたものは、“たんせい4”、“ひのとり”、“てんま”、“おおぞら”です。

  第四世代は、三世代の後継機でM-3SU。新たに第二段と三段を開発し、低軌道へ300kgのペイロードを運ぶことができたものを770kgまで増やした。これにより打ち上げられたものは、“さきがけ”、“すいせい”、“ぎんが”、“あけぼの”、“ひてん”、“ようこう”、“あすか”です。

  第五世代は、四世代の後継機で、大幅に大型化した三段式固体燃料ロケット。低軌道へ1.8tのペイロードを運ぶことができます。通常は三段で用いますが、オプションで四段目にキック・モータ(ロケット本体から人工衛星を切り離して、予定の軌道に載せるためのロケットエンジン)を装備することも可能。今までに打ち上げたのは、“はるか”、“のぞみ”、“はやぶさ”、“すざく”です。しかし、2000年にASTRO-Eの打ち上げに失敗しています。その後、打ち上げる予定のものは、LUNAR-A、SOLAR-B、PLANET-C、ASTRO-Fが計画されているそうです。
         LUNAR-A  http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/lunar-a/index.shtml
         PLANET-C http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/planet-c/index.shtml
         SOLAR-B  http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/solar-b/index.shtml
         ASTRO-F  http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/astro-f/index.shtml

 

 ついでに紹介すると、
   きくきく2きく4うめうめ2あやめあやめ2を打ち上げたN-Iロケット。
   きく3ひまわり2ひまわり3さくら2aさくら2bゆり2aゆり2bもも1を打ち上げたN-Uロケット。
   あじさいふじふじ2きく5さくら3a、さくら3bひまわり4もも1bゆり3a、ゆり3bふようおりづるを打ち上げたH-Iロケット。
   りゅうせいみょうじょうきく6ひまわり5を打ち上げたH-Uロケット

3、沿磁力線姿勢制御

 

 

  磁力線の向きを基準に姿勢を制御します(永久磁石を使って)。磁力線は子午線方向に伸びます。磁力線に沿わせるだけだと回転してしまうそうですが、そのジャイロ効果(http://homepage2.nifty.com/eman/dynamics/gyro.htmlまた(http://wwwitblpg.apr.jaeri.go.jp/itblpg/resource/plane/topics1/gyro_topics01.html) によって、姿勢を安定化しているそうで、人工衛星が回転対称にデザインされている理由だそうです。
4、コールド・ガスジェット   化学反応を使用しない,ガスが高温に成らないジェット方式。

5、スピン軸制御

 

 

 

  この制御は、気体が充填された貯気槽、噴射器及びこれらの間を結ぶ気体流路に制御アクチュエータとして使われる、噴射電磁弁を使った気体噴射機構により行われます。この気体噴射機構にて、噴射電磁弁を駆動するには制御性の要請として噴射電磁弁の駆動に精密な動作が要求される場合があります。それ故、この噴射電磁弁は貯気槽の元圧、温度、電源電圧等の条件の変化により、弁の開放や閉鎖に必要な時間が変化する問題があります。制御系の特性を一定に保つことは困難な場合が多く、特に探査機等のように軽量で簡単な機構が求められる場合には、貯気槽の元圧を重量のかさむ調圧弁により調圧するよりも、むしろ調圧弁を省いて元圧の変化を容認して利用する、ブローダウン方式にする方が多いそうです。ただ、この方式で噴射電磁弁を駆動する場合、いつも動作遅れが一定であると いう仮定が成立しないので、その影響が制御性能のばらつきや誤差となって現れてしまうそうです。
6、フライ・ホイール   三軸姿勢制御方式を採用する衛星の姿勢制御用に使われ、連続かつ線形性の制御トルクを出力して、燃料による使用回数制約を受けない

7、トランスファ軌道


 

  H-Uロケットの打ち上げにて、第一段と第二段で、衛星は地上約200kmの円軌道に投入されます。この軌道はパーキング軌道といいます。この軌道を四分の一ほど周回した赤道上空にて、第二段を再噴射して衛星を分離し、遠地点高度を静止高度まで上げます。この軌道がトランスファ軌道といいます。この軌道に投入された衛星は、数週回目の遠地点で、アポジ(遠地点)モータに点火し、近地点を地上高度36000km付近まで上げます。このとき同時に軌道面の制御も行って、静止軌道に近い軌道に投入されます。この軌道がドリフト軌道です。この後は、目標とする直下点へ衛星を移動しながら軌道を微調整して静止化させます。

8、三軸姿勢制御方式

 

  人工衛星に固定された直行三軸(ピッチ軸、ヨー軸、ロール軸)の指向方向を制御すること。ロール軸周りに回転して、姿勢を安定させるスピン衛星に比べて、一般により高度な姿勢制御方式です。また、ピッチ、ヨー、ロールというのは、デカルト座標系で言うX軸とY軸、Z軸周りでの回転を意味するそうです。

9、能動式熱制御

  表面処理・ヒートパイプ・放射版などを使用する受動方式もあります。能動方式というのは、クーラーやヒーターなどを使用したものです。熱制御は観測装置などの性能や寿命に影響を与えます。

10、ランデブー・ドッキング



すみません、二つはアクセスできるはずなのですが、ここからだとできません。Googleでの検索結果は上手くいきますが・・・「ランデブー ドッキング」で検索してみてください。
  JAXA    →http://iss.sfo.jaxa.jp/iss/3a/orb_docking.htm
           http://spaceinfo.jaxa.jp/note/eisei/j/eis9810_ets7_02_j.html
  ゲームです→http://www.nasda.go.jp/projects/sat/ets7/world/lib/game_j.html

11、ひまわり6号(MTSAT-1R)

 

 

 

  ひまわり5号の可視光と赤外3チャンネル(可視光0.55〜0.99μm、赤外1;10.3〜11.3μm、赤外2;11.5〜12.5μm、赤外3;6.5〜7.0μm)に加えて、四つ目の赤外チャンネル3.5〜4.0μmが搭載されています。赤外チャンネル4は夜間の下層雲の識別に使われ、また、五号が約8000万画素だったのに対し、6号は1億3000万画素。
  そもそも、ひまわり6号という名称は使えないとされていました。打ち上げに失敗したMTSAT-1にて、名前の公募の結果、「みらい」が策定されていました。 もともと気象庁が運輸省(現,国土交通省)の下にあったことが原因らしいですが、1989年の対米交渉などの外圧や国土交通省の思惑から、純粋な 気象衛星でなく運輸多目的衛星となり、また、製造費や初期運用費を国土交通省航空局が7割負担していたことから、気象庁がひまわりにしたいのに対し、それ以外の名前をつけて威厳を示したい、国土交通省の争いが激化したそうです。ただ、「みらい」は一度失敗していることから縁起が悪いとのことや、それ以外に愛称案がなかったため、国土交通省が折れる方向になり、国民に定着している名前が優先されたそうです。
12、H-Uロケット打ち上げ型有翼回収機
   (HOPE)
http://www.nasda.go.jp/projects/rockets/hsfd/index_j.html
        

天文班のページに戻る  このページのトップに戻る