大きい画像(線有り)
大きい画像(線無し)
天文班トップへ


[おうし座の神話]

 フェニキア王の娘のエウロパは、海辺の牧場で侍女達と花を摘んでいました。
 そこへどこからともなく現われた白い牡牛が近づいてきて、エウロパの傍にうずくまりました。エウロパが、なでていても逃げるそぶりも暴れる気配もあ りません。それどころか、牡牛は背に乗って欲しいような素振りを見せます。
 エウロパも、ついつい気を許してしまい、面白半分でその背に乗りました。しかし、エウロパが背に乗るやいなや牡牛は身を起こし、海の中へ入り走り始めました。

 エウロパは必死に牡牛の角にしがみついて、助けを求めます。しかし、侍女達も突然の出来事だったので、うろたえるばかりです。
 牡牛はそんなことはお構いなしで、海の上をまるで陸を走るように平然と沖へ沖へと出て行ってしまいます。エウロパも、遠ざかっていく浜辺の侍女達に助けを求めるものの、どうすることもできません。

 泣き疲れたエウロパが我に返って辺りを見渡すと、人影もない海なのに、牡牛の周りにはイルカの群れやニンフ(妖精)達の列が後に続き、人魚達は楽しげに歌っていました。
 エウロパは 「私をどこに連れて行くつもりなの?」  と、言いました。

 それに対し牡牛は 「何も心配することはない。私は大神ゼウスで、おぬしを花嫁にしたいのだ。」 と言いました。

 こうして大神ゼウスの変身した白い牡牛は、フェニキアの浜辺から地中海を渡ってクレタ島に着き、エウロパとゼウスは結婚しました。
 エウロパは、ここで三人の子供を産みます。その内のミノスはクレタ島の王になり、ラダマンテュスは法律家に、サルペドンはリキュアの王になりました。

 今のヨーロッパという呼び名は、エウロパとゼウスが上陸したところで、「エウロパ」からつけられました。

 

[おうし座の神話その2]

 レルネの川べりで、大神ゼウスが川の神イナコスの娘イオと楽しそうに遊んでいると、大神ゼウスの后ヘラが、オリンポス山の山頂から、それを目ざとく見とがめ、下界に降りてきました。
 もちろん、ゼウスは慌てふためき、にわかに空を曇らせ、イオを牡牛の姿に変えると、素知らぬ顔を装いました。その後、雲を掻き分け、険しい顔つきで降りてきたヘラは、いかにも怪しい牡牛を見つけると、

「ほ〜、なんとかわいらしい牡牛でしょう。私が貰い受けますからね、あ ・な・た・・・・・・!」

 こういって、無理矢理その牡牛をゼウスから譲り受けるとヘラは、怪人アルゴスに見張りをさせることにしました。アルゴスとは、体中に目が百もあ り、そのうち一つは昼も夜も眠らないという怪物です。
 さすがに大神ゼウスといえども、牡牛を密かに連れ出すこともできず、困り果ててしまいました。

 牡牛となったイオは、心配した父のイナコスや姉妹達が自分を探しに来たとわかっても、沢山の牛の群れの中では知らせることができません。そこで、やっとの思いで地面を角で引っかき、自分の名前を書きました。
 父イナコスは、その牡牛が自分の娘のイオであるとわかると、その首を抱きながら嘆き悲しみました。

 大神ゼウスは、昼も夜も苦しめられている牡牛を哀れに思ってはみても、妻のヘラの仕業とあ っては、自分ではどうすることもできません。そこで、伝令の神ヘルメスを羊飼いに化けさせ、忍び込むように頼みました。

「アルゴスさん、たまには一眠りしたらどうですか?見張り番は、私が代わってあ げますので・・・」

 ヘルメスの羊飼いの親切な申し出に、アルゴスは眠り始めたましたが、一つの目だけはちゃんと開いていて、キョロキョロ辺りを見回していました。これにはヘルメスも困ってしまいます。そこでヘルメスは眠りの神ヒュプノスに眠りの笛を吹いてもらい、その目も眠らせてしまいました。こうして、ヘルメスはまんまとイオを牡牛の姿のまま助け出すことに成功しました。
 ところが、ヘラの怒りはおさまることは無く、一匹の巨大なアブを放ち牡牛にまとわりつかせました。(今でも、牛の周りにアブがまとわりついているのはこのためだと言われています。)

 もちろん、イオはこの後、大神ゼウスにより元の人間の姿に戻され、牛の姿は星空に上げられることになりました。

 

天文班トップへ