大きい画像(線有り)
大きい画像(線なし)
天文班トップへ

[しし座の神話]

 しし座に描かれているのは、その名の通りライオンですが、このライオンは英雄ヘルクレスに退治されてしまいます。

 ある時、アルゴス王エウリステウスはヘルクレスを呼びつけると、傲慢な態度でネメアの森で暴れまわっているライオンを退治してくるよう命じました。 (ヘルクレスがライオンに食べられてしまえば、邪魔者がいなくなるからです。)
 また、この獅子は怪物テュフォンと上半身が人間の女で下半身が蛇の姿をしているエキドナの間に生まれた不死身の猛獣です。あ る説では月に住んでいたレオと呼ばれる獅子であったとも言われているそうです。月の女神の戦車を引く馬を襲おうとしたために月から追放され、ネメアに住みつき人々を襲い始めたそうです。

 ヘルクレスは、これ以降も王の命令により、十二回も危険な冒険に出ます。その一つ目の冒険が、森に住む人食い獅子の退治です。この獅子は、昼も夜もうろつきまわり、牛や羊だけでなく人間までも食らうと言われていたため、恐れられていました。
 恐いもの知らずのヘルクレスは、王の頼みを快諾し、得意の弓を携えて森にむかいました。
 その途中で、へリコンという山で、ぼこぼこした巨大な樫の木を見つけ、それを一気に引っこ抜き棍棒としました。ヘルクラスは獅子の居場所を誰かに聞こうと思いましたが、皆怖がって森に入ろうとしないため、あ たりに人影はありませんでした。しかたないので、森に身を潜め待つことにしたヘルクレスは、7日目にやっと、寝床の戻って来た獅子を見つけました。
 ヘルクレスに気づいた獅子は物凄い勢いで襲い掛かってきました。ヘルクレスは獅子が十分に近づいてくるのを待ち、矢を獅子の心臓に向けて放ちました。
 しかし、矢は心臓に突き刺さるどころか、折れて地面に落ちてしまいました。
当の獅子は気にもとめず、そのままヘルクレスに襲い掛かります。ヘルクレスは獅子に矢が効かないと気づき、持ってきていた樫の木の棍棒を、獅子の頭めがけて混信の一撃をくらわせました。
ところが、巨大な棍棒も役に立たず、あっさりと折れてしまいました。

 それでも、ギリシャ一番の怪力のヘルクレスが殴ったのですから、獅子もたまったものではあ りません。よろめきながらも、寝床の洞窟へと逃げていきました。しかし、この洞窟は、実は二つの出入り口があ りました。そこで、ヘルクレスは獅子が入って行った入り口とは別の方から入り、正面から向かっていきました。
  獅子は弱っていたので、あっさり捕まり、ヘルクレスはありったけの力で、獅子の首を絞めます。そして、ついに獅子は息絶えてしまいました。

 ヘルクレスは獅子の皮を剥ぎ、首と一緒に持ち帰りました。
 エウリステウス王は、ヘルクレスの強さに恐れ、壷の中へと隠れてしまいました。その後、ヘルクレスは獅子の牙や爪を刀や矢などにし、皮は盾として使いました。

 中国の神話では、獅子座の頭部にあ る“ 獅子の大鎌 ”と北にあるやまねこ座をつなげて、竜の姿を見て“ 軒轅(けんえん) ”という星座名で呼んでいました。


[かたち]

 α星をレグルスと言い、小さい王という意味です。古くには古代ギリシアでバシリスコスまたはバシリコスと呼ばれ、意味は「王者らしいもの」という意味だそうです。更に古い呼び名があ るらしく、同じ意味で、ムル・ルガルと言って、後にはアラビア名でアル・マリキ(王の星)とも呼ばれたそうでうす。
 これがラテン語に訳されて、レギア(女王)となり、近世ヨーロッパのときに、ラテン語でレックス(王)呼ばれるようになりました。現在のレグルスという呼び名にしたのは、地動説のコペルニクスです。
 この星はその位置から、ラテン語でコル・レオニス(獅子の心臓)と言い、古代ではカルディア・レオントスと呼ばれていました。

 β星はデネボラと言い、アラビア名でアル・ダナブ・アル・アサド(獅子の尾)が縮小したもので、ときにはデネブ(尾)と呼ぶことがあ るそうです。

 γ星はアルギエバと言い、アラビア語のアル・ジェバ(額)が語源だと言われていて、アルゲイバとも言うようです。
 
  δ星はゾズマと言い、ギリシア語のゾスマ(腰布)、別名ゾスカ。またアラビア名でアル・タール・アル・アサド(獅子の背中)という言葉から来ているデゥールという呼び名もあ るそうです。

 ζ星はアダフェラ、アラビア語のアド・ダフィラ(縮れ毛)から来た名前で、別名ではアルダファラ。一説によると、もともと、かみのけ座のγ、4、21の三つの星についていた名前だそうです。

 θ星はシェルタン、アラビア語のアルカタニ(2本の小骨)からきたもので、本来は獅子座のδ、θ星付近のアラビアの第11星宿ズブラト・アル・アサド(獅子のたてがみ)と同じものを表す別名からきたと言われているそうです。

 λ星はアルテルフ、アラビア語のアル・タルフ(目)です。(この星とかに座のκ星を含むアラビアの第11月宿名前から来ているそうで、ライオンの目をあ らわします。)

μ星はラサラス、アラビア語のアル・ラス・アサド・アル・シャマリイ(南を向いた獅子の頭)が語源だそうです。

天文班トップへ