左:大きい画像 線 有り 線無し
右:大きい画像 線有り 線 無し



[アンドロメダ座の神話] 天文班トップへ

 古代エチオピアは、ケ フェウスとカシオペヤが治めていた国です。2人にはとても美しい王女がいました。
 王妃カシオペヤは自惚れが強く、かなりの自慢好きで 、ある時、つい口を滑らせて

「私やア ンドロメダの美しさには、海の妖精達ですらかなわないでしょう」
と言いました。こ の海の妖精達は、ポセイドンの50人の孫娘で、ネレイドと言います。

 この言葉を聞いた海の妖 精達は腹 を立て、海の神ポセイドンに苦情を言い、カシオペヤに罰を与えることを要求しました。ポセイドンは承知し、エチオピア近海に海獣ティアマトを暴れさせました。

 このティアマトは鯨座の ことです。鯨といっても二本の前足や鋭い牙を持った化け物です。

 困り果てた、人々はケ フェウス王に何とかして欲しいと訴えましたが、ケフェウス自身、どうしてこういうことになったのか、まるで心当たりが無く、どうしようもあ りませんでした。そこで、神官に命じて神に祈りを捧げました。
 そして、神からのお告げが下り、その原因が王妃カシオペヤであることがわかりました。しかし、王には何もできず、ただうろたえるばかりでした。
 そして、更に神からのお告げが下りました。

「海神の 怒りを鎮めるには、娘のアンドロメダを海獣ティアマトの生贄として差し出さなければならない」

 このお告げに、王も王妃 も驚き、深く悲しみました。

 こ こで、アンドロメダは自分から進んで生贄になるという説や、国の人々にお告げのことがばれてしまい、人々が王宮に押し寄せ、アンドロメダを捕まえ て生贄に捧げたという説があ ります。

 ア ンドロメダは近海の岩場に鎖で縛り付けられ、ティアマトを待つばかりでした。そして、しばらくすると大きな口を開けて、ティアマトが現れ、アンド ロメダのほうに向かってきました。
しかし、それとほぼ同じぐらいに空から勇者ペルセウスが現れました。ペルセウスはメデゥーサ退治の帰りでした。アンドロメダが岩場に縛り付けら れ、遠くからティアマトが近づいているのを見て助けに来たのです。

 ペルセウスは女神アテナ から借りた剣を使い、化け鯨を深く傷つけました。しかし、その血は水を赤く染め、ペルセウスの翼のあ る靴に染み込み、飛行能力を奪いました。飛ぶ力を失い、彼は海岸の近くの岩に行き、化け鯨が再び攻撃するのを待ちました。そして、一瞬の隙を狙ってその心臓を串刺しにしま した。

 ここで、ペルセウスはメ デゥーサの首を使って、ティアマトを石にし、海の底に沈めて退治するという説があ り、その後、その首を海に投げ入れ、そこから天馬ペガススが生まれたという説があ ります。その首は2.3週間後に浜辺に打ち寄せられたのをペルセウスが探し出し、セリフォス島に帰った後、女神アテナに渡したそうです。また、アンドロメダを助けに来たと きに、すでにペガススに乗っているという説もあ り、それはペルセウス座のほうに書かれています。

 ペ ルセウスはこうしてアンドロメダを無事救出しますが、その美しさに魅せられ、また、アンドロメダもペルセウスの凛々しさに魅せられて、二人は恋に 落ちます。そして、ペルセウスはアンドロメダを妻としてむかえたいと、ケフェウス王と王妃カシオペヤに許しを請います。

  もちろん、2人はすぐに承知しますが、アンドロメダにはケフェウスの弟のフィネウスという婚約者がいるという説があ ります。彼はアンドロメダが海獣に襲われそうになっている時、助ける勇気も無く身を潜めていたくせに、2人が結ばれるとなると悔しくてしょうがないようです。
 彼は大勢の部下を連れて、結婚式の席へなだれこみ、王女を奪い返そうとします。
 しかし、ペルセウスはメデゥーサの首で彼ら全員を石に変えます。そうして2人は結ばれたそうです。

 

[かた ち]

α星をアルフェラッツとい い、意味は“馬のへそ”
β星をミラク、意味は“腰”。アンドロメダ座以外に牛飼い座やおおぐま座にも同じ名前の星があ りますが、同じく“腰”から来たみたいです。
γ星はアルマク、または、アラマクといい、意味は“靴”。 アンドロメダの左足にあ りますが獅子(ライオン)の傍にいて獲物を教える猟犬のような動物を表すと言われています。
δ星はデルタ(そのままです)、アメリカの天文家がつけたらしく、そのまま固有になったそうですが現在では使われていません。
ξ星はアディル。

アンドロメダ座からうお座の北部にかけて中国の28宿の一つ「奎宿(けいしゅく)」というのがあ ります。別名を「封豕(ほうし)」。豕はブタの意味なので、天に住むブタということになります。一応、ブタを上から見た姿のように考えらていたみたいです。

この28宿は時間があ れば紹介します。

 

天文班トップへ